macoZy商店別館。日記的つぶやきゴロー。
日記的日々の記録。
どどんだどん!
えー。

今日は久しぶりに感動といいますか、

なんだか目に熱いものがこみ上げて、

それを抑えるのが大変な一日でした。



今日は長男の幼稚園の音楽発表会が、近くの市民センターで行なわれました。

我が子のクラスの課題曲は「八木節」。



昨年から練習を始めて、今日の日を迎えたわけですが、

最初にどの楽器を担当するのか、

担任の先生が子供たちの選定作業を行い、

我が長男は、和太鼓の担当になりました。


その際、嫁が言うには、

「今日、音楽会の件で先生から連絡があって、

クラスのみんなに太鼓を叩かせたら、うちの子が一番リズム感が良かったから、

太鼓の担当になったらしいよ!」

と、とても嬉しそうにしていました。


自分はその時は、

「あ、そうなんだ良かったね」といいつつ、

心の中では、

「おいおい!そんな先生の口車に騙されやがって!

たぶんメロディオン(鍵盤ハーモニカ)が上手に弾けないから、

叩くだけの太鼓に選ばれたに違いない!」

と、なんだかちょっと残念な気持ちになっていました。



月日が流れるのはあっというまで、いつの間にやら発表会の日に。

数多くの保護者が我が子や孫の晴れ舞台を見に、

熱気ムンムン、

独特の雰囲気の会場に足を踏み入れました。


一応、嫁からぼんやり、

「太鼓はセンターの位置だよ」

という情報を聞いていたものの、

どうせ脇役だと思い込んでおりましたので、

ま、それでも、それなりに、我が子の成長を見届けれることを嬉しく思いながら席に着き、

出番を待ちました。



さて、我が子の出番です。

幕が上がると、そこには、


数多くのメロディオン担当の子供たち、

後ろに木琴、左にキーボード、右に先生のピアノを従え、

そして、その中央に、



和太鼓を前に、バチをキッと構える我が子の姿が・・・



指揮の先生の合図で、演奏が始まりました!

するとすぐに、

演奏の中心が和太鼓であることに気がつきました。

「あれ!?なんだか主役っぽいぞ!」


そうです!

この「八木節」。

和太鼓は脇役ではなく、主役級の

かなり重要なポジションだったのです!!


それからは引き込まれるように我が子の演奏を見、聞き続けました。

演奏の中心で、しっかりリズムを刻み続ける姿に心震わせ、

途中いったん演奏が途切れたかと思うと、

我が子の大きな掛け声と共に、太鼓のソロパートなどもあり、

とっても充実な内容でした。


ただ小さな子供だった我が子が、

いつの間にか、そんな責任あるポジションも任されるような子供に成長していたのかと思うと、

もう涙があふれそうで、それを我慢しながら必死に演奏を聴き続けました。



3月31日生まれの我が子は、同じ学年の他の子供と比べると、

背も小さく、運動能力でも劣っているところがあり、

なんとなく、これからもずっと、

同学年の子供より、いろいろな面で劣っているのでは、

と思い込んでいたのですが、


今日のこの一日でそんな不安はどこかにぶっ飛んでいきまいた。


自分と同じように、

別々の場所で見ていた、

嫁も、母も、

その姿に感動の涙を流していたようです。



担任のK先生。

我が子を太鼓の担当にしていただきまして、本当にありがとうございます。

本人も、これでいろいろな面で成長できたと思います。



と、まぁ、他人から見れば親バカな文章ですが、

誰しも親になり、同じようなシチュエーションなれば、

同じように心振るわせと思います。


今日は思いっきり子供のわがままを聞いてあげました。



これからもたくさんの子供の成長に、

感動し、

喜び、

泣き、

笑い、

続ける人生を送りたく願う今日この頃でした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

側転クルクル
最近4歳になる長男が幼稚園で

側転


の練習をしています。


しかし、あまり上手ではありません。。。



なので、

何とか上手にできる様に、家で自分なりに指導しているのですが、

なんだかんだ言っても、

子供に教えるのは手本を見せるの一番だろうと

側転を試みるも、

もともと、床運動が苦手な方のmacoZはyとしては、

あまり、見本になるような側転ができていなかったので、

今日は、仕事の合間を見つけて、他人に自分の側転を見てもらい、

いろいろとダメ出しをしてもらおうと思いました。



仕事も一段落した16時過ぎ、事情を説明して、

自分より一回り以上違う若い衆を誘い、いざ側転!!




まずは一度他人に見てもらおうと、勢いよくクルッと回りましたが、反応いまいち。。。

携帯のムービー機能で撮影してもらうと、何がダメかはなんとなくわかりましたが、

体が付いてゆきません(ToT)



その後も納得行く回転をできぬまま本日は終了。



家に帰って、更に練習しようとしましたが、なぞの腕の筋肉痛でもう今日は無理です!。。。。




近いうちに綺麗な側転できるようになって息子に自慢します!

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

夏の思い出作り
日は、家族サービス&夏の思い出作りのため、

家族4人で、

日帰りで佐賀方面へドライブに行きました。







日前から嫁と何をするか相談。


子供たちのために、海の中を見れる遊覧船に乗る、

大人は、呼子でイカの活き造りを食べる、

あとは適当にその近辺の観光スポットに寄りながらドライブ、


と決めました。







て、当日は、

朝7時頃に起床。

軽い朝食と身支度を済ませ、

8時頃に出発しました。







福岡から、時間短縮のため有料道路を通りながら、佐賀・呼子方面へ。


有料道路では、

2年前ぐらいに取り付けたはいいが、

ほとんど使う機会が無いECTを、久々使えると思い、

忘れずにETCカードを本体に挿入!


抜かりなく有料道路に入ったはいいが、








うっ・・・





ETCレーンが無い・・・







なわけで、

結局ETCカードは引っこ抜き、

2箇所の料金所で現金払い・・・









料道路を降り、唐津の市街地を抜け、

最初の目的地

「マリンパル呼子」へ9時45分頃到着。

10時出発の遊覧船に間に合いました。









ここで乗ったのは、

クジラような形をした海中展望船の

「ジーラ」

です。

この「ジーラ」の特徴は、


「海面下1.2mのおなかの中(船底)から魚や海の生物の姿を鑑賞、

また背中のデッキでは呼子の海を潮風とともに満喫できます。

周航コースは、呼子~鷹島。」(ホームページより抜粋)


てな感じです。







速乗り込み、鷹島へレッツゴー!

移動中はデッキで潮風を受けながら、遠くの景色を堪能。

鷹島付近に到着したら、ここからがメインイベント。

海中の様子を船底の窓から見ることが出来ます!

そして、窓の外には・・・









IMG_2523.jpg

IMG_2526.jpg



チ・チ・・・チヌまみれじゃないですか!!!

(テンションアゲアゲ状態)



すごい!!海の中にはこんなにチヌが・・・


(じゃぁなぜ釣れない・・・)







んっ?



IMG_2525.jpg


こいつら餌付けされてるじゃん!






どうりで必要以上に船の周りに寄ってくると思ったぜ。



にしても、

これだけの魚が海にはウヨウヨいるってことが分かっただけでも、

大きな収穫だ!

うまく魚を寄せることが出来れば、確実に釣れそうだ。

次からの釣りにもガゼンやる気が出てきました。







約10分間ぐらい船底やデッキからお魚たちを十分に観察、

後ろ髪引かれる想いで、帰航の途に付きました。






んなこんなで、


我が子よりも遊覧を楽しんだ感がありますが、

港に戻った次は、

呼子名物、

イカの活き造り!

を食べに、近くの有名店へ向かいました。











子港から車で5分。

目的の店「満坊(まんぼう)」に到着。

早速イカの活き造りのコースを頼みました。










最初に小鉢のモズクがテーブルへ。

それを食べ終わる頃、


やってきました!!!









IMG_2554.jpg



イカの活き造り!!!





福岡でも食べることはできますが、

コリコリ歯ごたえたっぷりの透明のイカ刺身!

ゲソと身の一部は天ぷらでプリップリの食感!!!

やはり本場!

本場は一味違う感じがします。













さてさて、

もっとたくさん書きたかったのですが、

長くなりすぎるので、

ここからは、行った場所と、寸評で。




昼食後は、

呼子大橋を渡り、「風の見える丘公園」へ。

息子がアイスを食べました。風車に行く途中、大きな蜂がいてビビリました。


次は、呼子大橋の下にある弁天島へ。

呼子側の駐車場に車を止めて、呼子大橋の下への階段を下りると、

弁天島へと続く遊歩橋が。弁天島の神社でお参り。


次は波戸岬へ。

海中展望塔(有料)に入り、またまたチヌの魚群が・・・

ここも餌付けされてる模様。

駐車場のそば小屋でサザエのつぼ焼きを堪能!

嫁と息子は食わず嫌いで自分ひとりで食べました。






以上、

夏の思い出作りの佐賀方面ドライブでした。


せっかくの夏休み、

家族をあまり外に連れて行けてなかったように思うので、

夏の終わりにいい思い出が出来たような気がします。


来年はもっと頑張ろう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

水遊び
日、長男が通っている幼稚園の課外授業、
「体操教室」の参観にいってまいりました。



は幼児の気が散るとか何とかの理由で、
見学はNG。



でも年に2回だけ、フルで見学が許される時があります。


そのうちの1回が、今回の7月最後の水遊び(プール)の授業です。





さてさて、年中さんの我が長男。

昨年も同じく、水遊びの参観に行ったのですが、
その時は、顔付けをしっかり頑張っていたのに、

なんだか今回はまったく顔付けできてないじゃん!!

どないなっとんねん!


という訳で、長男と、長男を見てくれてるサポートの先生に聞こえるように、

「ちゃんと顔付けしなさい!かっこ悪いよ!」

と、おたけぶと、
先生も気を使ってくれて、
しっかり、顔付けの指導をしてくれました。



よしよし。

もっと頑張れ!!

と心で叫ぶも、いまいち長男には届かず、
かっこ悪い状態をさらしまくっておりました・・・



供の成長は、ある時期から、
異様に伸びる所もあれば、
後退する所もあるようで、
今回は、そのちょっぴり後退の部分を見せられてしまいました。



そんな良いところ悪いところ含めて子供の成長かな?
と思いながらも、

親としては必要以上に我が子に期待をかけてしまうもの。

他の子ができていることぐらいは無難にこなしてほしい!と、ついつい多くを望んでしまいます。



できてもできなくても、それは我が子の個性!

と悟るのには、まだまだ

時間がかかりそう


ですが、

できるかぎり、慌てずゆっくり子供の成長を見届けてゆかなければ、と思う夏の一日でした。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

一本でも人参、2回目でも参観
日は長男の父親参観で幼稚園に行ってまいりました。






普段曜日も仕事が当たり前のmacoZyですが、

休みをいただき、朝9時に登園。



まず、園庭にて「体育ローテーション」というものがある予定だったのですが、
強い雨が降って、園庭が水浸しだったので中止・・・



ちなみに、この「育ローテーション」、
雨が降らなければ、ほぼ毎日、園庭にて、
園児全員で行なっているものですが、


去年の父親参観も雨で中止!だったので
結局今年も見れずじまい。

ショック!




どんなことやっているのか今だ詳しくわからず・・・





いう事で教室で日課を見学。


フラッシュ国旗にお歌、九九、聖書の音読等←(ちなみに我が家はキリシタンではありません)

普段教室で行なっていることを見せてもらいました。



たくさんのお父さんが見守る中、

子供たちは大きな声で元気よく日課をこなしていました。




の後はお待ちかね!

子供と共に作成のお時間!!←(工作です!)



厚紙でとても簡単な車の作成です。




切り取り線の付いた厚紙から、車本体の部分を切り取りだし、

折ったり張ったりしながら車の形にします。

ここまではほとんどお父さんのお仕事。


そこからは子供にシール張らせたり、色塗らせたり、

カラフルな車が出来上がりました!

papercar01


この車の羽みたいな部分。
厚紙の余りの端切れを使って取り付けました。

実は、ここでお父さんたちの水面下の戦いが・・・




作成の途中先生が、

「過去この車作成で、紙の切れ端を使って車に羽をつけた方がいらっしゃいましたよ!」


自分は聞き流して自分の作業を黙々とこなしていたのですが、

ふと隣の車を見ると


見事な羽がっっっ!!!!!



うーーん

負けてられねい!!



対抗心を悟られないように、

お隣と違う形に紙を切り取り、貼り付け。


よしよし、こっちの方がカッコイイ・・・



ふっ。逆のお父さんノーマル(羽なし)じゃん。

やっぱうちのがチョーカッコイイ・・・



じゃーシールを星型に切ってデコレート!!

さらにかっこよさアップ!!



うっぷ!いつの間にか逆隣のお父さん、うちのパクリ・・・

マネはやめて別の形にしてくれよぅ・・・


ま、それだけうちのがカッコよいということだね!じゃ許す!


そんなお父さん達の微妙な戦いが繰り広げられていたかは定かではありませんが、

いつの間にやら作成の時間は終了。


子供達を教室に残して、
11時からホールで権威ある教授さんの講演。

内容は・・・

書くと長くなるので省略。←(半分寝ちゃってましたし・・・)


12時20分に講演は終わり、←(いやー長かった)

本日の父親参観は終了。


教室に子供を迎えに行き、
おててつないで一緒に帰りました。



一年に一度の父親参観。
子供の成長を見ることができる数少ない機会。

あっという間に大きくなる子供を目に焼き付けるために、
しっかり見てきました。

来年はローテーションが見れますように。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記