macoZy商店別館。日記的つぶやきゴロー。
日記的日々の記録。
えいえいおー!
日の午前中に急に思い立って、


今日は釣りに行ってきました。





場所は、昔嫌いだった(今は結構好き…)近所の海釣り公園です。




行く前の下準備で、毎日の海釣り公園の釣果情報をチェック!

最近はベイト(釣り用語での餌になる小さな魚)のアジがコンスタントに釣れており、

それを餌にスズキをメインに、ヤズやヒラメもそれなりに上がっている様子。




昨年4月以来のスズキゲット!のため、

また、今だ見ぬヒラメを見るため、

前日夜から仕掛けを周到に用意し、明日の釣果を夢見て床につきました。




爆釣の妄想でなかなか寝付けない状態でしたが、

翌朝5時に起床、

軽い腹ごしらえと、トイレを済ませ、海釣り公園へ向かいました。






6時20分頃公園に着き、

早速竿を出して、

ずは餌のアジ釣り。



これはほぼ問題なく、すぐに10匹程度釣れました。






そして、そのアジを、スズキ用とヒラメ用の竿に付けポイっと投げ込みました。




しかーし!


毎度おなじみの通り、


何の盛り上がりも無いまま、こ1時間経過・・・

すると隣のおじさんの竿に強烈なあたりが!!!←(また隣・・・)



あまりの引きの強さにおじさん「こりゃエイかも」と言っておりましたら、

やたらとデカイ魚影が・・・

おっしゃるとおりのエイ!でした。

タモ(魚をすくいあげるための網)に入りきらないほどの大きさ!!←(でもエイは要らねぇ・・・)

何とかすくい上げ、おじさんは他の人に見せぶらかしに行きました。





たいした羨ましさも無く、黙々と自分の釣りに集中していたのですが、

朝一で釣れていた、アジがまったく釣れなくなり、

餌に事欠きそうな気がしてきました。




人がたくさんいる(アミ餌をばら撒いている)所ではそこそこアジが釣れていたので、

スズキとヒラメの仕掛けを海に投入したまま、アジを求めてポイントを移動しました。




場所を移動して、早速アジは好調!

あっという間に追加で10匹以上釣り上げ、ぼちぼち元の場所に戻りました。




餌の心配も無くなり、何気に元の場所に戻ると、竿が2本とも横を向いていていました。





「あれれ?




もしや!?




これは!!」




と脳の中で次のような思いがよぎりました。







竿が横に向いている

→餌のアジに何か喰いついた

→そいつが思いっきり引っ張っている

大物の予感!!!



「なんか釣れてるかも!!!!!!」



いてもたってもいられず、

慌ててスズキ用の竿を上げてみました。


すると・・・





餌のアジがそこにいるだけ・・・



やっぱり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



が出てきた影響で、竿が横を向いてしまっただけでした。。。




そんなこんなで、

大した期待もせず、もう一本のヒラメ用の竿を確かめてみることに。




結構移動したなぁ・・・と思いつつも、ゆっくり竿をあげてみると、


まったく動かねぇぇ・・・



「根掛かりか?」とあきらめて、

ラインを巻きあげると、




「ビクン!!」




と今までに味わったことの無い反応が!!!!!







何か釣れてる!!!



しかもかなりの大物!!!




慌てず騒がず、落ち着いてラインを巻きましたが、

恐ろしい力で引っ張ってきます!

「こいつぁタダモンじゃねぇ!」

無理に巻き上げるとラインが切れてしまうので、

ゆっくり、でも確実に獲物をたぐりよせました。



格闘すること約5分、やっと魚影が!!!


「うーんデカイ!!」


「でもエイじゃん(泣)」




そうです、

釣れていたのは、先ほどのおじさんが釣ったものよりさらにでかいエイでした。。。

さっそくタモ(釣り用語で魚をすくい上げる網)を入れ、すくい上げようとしましたが、

デカ過ぎて網に入りません!

どうすりゃいいんだヨーティーチャ-!



なんとか網に入れようと、エイをコントロールしていたのですが、

フッと竿が軽くなりました。


・・・・・・


そうです。バレちゃいました・・・

ゆうゆうエイは海の中へ・・・・・・・・・




はこの10分間ぐらいは、

朝一近くにいた釣り人は皆いなくなっていて、

まったくもって一人っきりで頑張っていて、

誰一人手伝ってくれる人がいませんでした。。。


こんなに頑張ったのに、

誰一人気付いてくれてない・・・

寂しすぎる・・・




そんなこんなで、その後は何事もなく、餌もなくなったので、今日のつりは終了。


あのエイを釣り上げていたら、

間違いなく海釣り公園のホームページの釣果情報に載っていたに違いない(残念)。


残ったのはエイとの格闘で使った筋肉の痛みのみでしたが、

大物と格闘した経験は今後の釣りに生かされることでしょう(たぶん)。



今日の釣果

子アジ×30匹ぐらい

フグ×10匹ぐらい

子ダイ×2匹(リリースしました)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

水遊び
日、長男が通っている幼稚園の課外授業、
「体操教室」の参観にいってまいりました。



は幼児の気が散るとか何とかの理由で、
見学はNG。



でも年に2回だけ、フルで見学が許される時があります。


そのうちの1回が、今回の7月最後の水遊び(プール)の授業です。





さてさて、年中さんの我が長男。

昨年も同じく、水遊びの参観に行ったのですが、
その時は、顔付けをしっかり頑張っていたのに、

なんだか今回はまったく顔付けできてないじゃん!!

どないなっとんねん!


という訳で、長男と、長男を見てくれてるサポートの先生に聞こえるように、

「ちゃんと顔付けしなさい!かっこ悪いよ!」

と、おたけぶと、
先生も気を使ってくれて、
しっかり、顔付けの指導をしてくれました。



よしよし。

もっと頑張れ!!

と心で叫ぶも、いまいち長男には届かず、
かっこ悪い状態をさらしまくっておりました・・・



供の成長は、ある時期から、
異様に伸びる所もあれば、
後退する所もあるようで、
今回は、そのちょっぴり後退の部分を見せられてしまいました。



そんな良いところ悪いところ含めて子供の成長かな?
と思いながらも、

親としては必要以上に我が子に期待をかけてしまうもの。

他の子ができていることぐらいは無難にこなしてほしい!と、ついつい多くを望んでしまいます。



できてもできなくても、それは我が子の個性!

と悟るのには、まだまだ

時間がかかりそう


ですが、

できるかぎり、慌てずゆっくり子供の成長を見届けてゆかなければ、と思う夏の一日でした。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ほんのり影響
昨日TVにて、
目隠しでルービックキューブ揃える男の子が紹介されました。

その影響で?
ルービックキューブの攻略ページのヒット数がちょっぴり増えました!

今年1月のネットの影響力に比べると地味な感じですが、
今後もいろんなメディアでルービックキューブが紹介されますように。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あー夏休み♪
夏休み

ああ夏休み

夏休み。



とうとうやってまいりました。

これから忙しくなります。

ふーーーーーーーーー(長いため息・・・)


無事乗り切れますように。。。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

自由だね。うん自由だね。
酒だーーい好き!!な私、
macoZyでございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


さてさて、今回はチョー気になっていた例のブツを購入、
早速試してみました。









free01

キリンのFREE(フリー)でございます。

ビールのようでアルコール0.00%!!

なので、表記上は炭酸飲料!です。





の手のビール系飲料、

以前は「ノンアルコールビール」と表記されていたのですが、

「ノンアルコール」とは言っても、酒税法上の話で、
わずかながらでもアルコールを含むため(1%未満)、
たくさん飲めば、当然酔ってしまいます。

消費者がアルコールが入っていない、と勘違いしないように

現在は、誤解を招かないような表記になりつつあるようです。




でも、このキリンFREEは、
アルコール0.00%なので、よほど大量に飲まない限り、酔うことは無いでしょう。

なので、

「あーーーー!ビール飲みたい!!でも、今日なんだよなぁ。。。」

なんてシチュエーションの時でも、気軽にいただけるとあって、

かなり売れているとの事。




んな前ふりはここまでにして、

お味の方はいかがなものかと試してみますと、


しゅわしゅわ発泡、のどごしはビールに近い!

この点は評価できます。


問題の味(苦味)ですが、

味はビールのような気もしますが、
ビールの苦味に似せようと、無理して作ったような苦味。

さらに後味が今までのビールテイスト飲料と同じく、
舌の上に変な苦味が残ります。。。

これをもう少しクリアしていれば、良かったのですが・・・



今回は焼きそばと一緒にいただいてみたのですが、
何かしらの食べ物と一緒に飲めば、
その苦味も薄らぐようなので、

これ単品で飲む。

のではなく、


居酒屋などで、食べ物と一緒に飲む。

これが一番しっくりくるでしょうか。





最低でも週1で、休日を作るために、

いやいや飲むのを我慢している事があるので、


休肝日用に

もっともっと

美味しい

ビールテイスト飲料が開発されることを願ってやまないmacoZyでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記