macoZy商店別館。日記的つぶやきゴロー。
日記的日々の記録。
放流
前、ブログで書いたように、



本日、




カブトムシ、放流します。(メスのみ)









幼虫から手塩にかけて(?)育てた6匹。







成虫になってみたら、








6匹中5匹メス!




オス1匹!!!押~忍!







てな訳で、


茶色カナブンの異名を持つメスのうち4匹は、


放流し、自然に返すことに決めまして、


本日実行いたしました。









網戸の外にとまらせてみました。
mkbt01





羽を広げ・・・1匹
mkbt02






そして2匹・・・
mkbt03




大空へと旅立って行きました。








なかなか飛び立たない2匹には最後の餌を与えました。
mkbt04








飼いきれなかったペット(特に外来種)を自然に返し、

問題になることもありますが、

日本のカブトムシなので、良いでしょうか。






昨年は自宅マンション4階付近階段で、メスのカブトムシを捕獲経験もありますし、
(捕獲のその日に餌を与え放流)

近隣でも力強く育ってくれる事を望みます。





残りのオス、メス2匹を大事に育てようと思っております。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

サナギとばしていつの間にか成虫へ・・・
月~5月にかけてサナギになっていた幼虫が、

いつの間にやら脱皮して、

成虫の形になってました。
IMG_4659_20110607165822.jpg
(脱皮したてで色が薄いです)







して6月



6匹の幼虫たちは全て成虫へと変身しました!!



IMG_4904.jpg










しかーし!!







IMG_4909.jpg

    ↑         ↑
   メス         オス








オス1匹だけ。。。






やっぱカブトムシはオスじゃないと、なんだかさみしいです。








ま、1匹いただけでも、よしとしますか。










でたく全て成虫に育ってくれたので、

新しい虫カゴを購入。

2つに分ける事にしました。

IMG_4907.jpg












止まり木やえさ入れも購入、ちょっぴりレイアウト。


IMG_4910.jpg








メスの何匹かは、いずれ早い段階で野に放つ予定です。







幼少のころは、カブトムシの幼虫なんて、

シロートには育てられず、

成虫にするなんて無理と思っていたのですが、

今は、専用の土や、エサ、止まり木なども、安価で売られており、

さほど手をかけなくても成虫になってくれます。









後は虫ビビリなうちの長男が、

もっと興味持ってくれればいいのですが・・・

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記