macoZy商店別館。日記的つぶやきゴロー。
日記的日々の記録。
釣りを覚えると一生幸せになる
月15日(金)。

今年2回目の釣りに行ってまいりました。


まずは釣果から。

今日もボウズ。

餌は取られるものの、一切何も釣れませんでした。


今日は前回と違い、餌は取られます。

しかし、その餌取りすら掛かりません。


2回連続何にも釣れないのは久々です。


(外道すら)全く釣れない状況に、

今日はかなりへこんでいます。


2年前、50㎝を超えるチヌを釣って

自身少しレベルアップしたつもりでいましたが、

まだまだアマちゃんでした。


とにかく今日はある意味、

自分の釣りレベルの低さを思い知る、

そんな一日になりました。


てさて、

きょうは今月の休みの関係で、

海釣り公園での釣行可能な貴重な平日休み。


前回の反省も踏まえて、

今日は竿3本で、2兎も3兎も狙って、

絶対なんか釣る!

つもりだったのですが、

落ち着いてそれを実行する事ができませんでした。


その理由は、

・風が強すぎた事

・潮の流れが悪かった事

この2点につきます。


強い向かい風と、

手前に流れてくる潮の流れせいで

全く、理想のポイントに仕掛けを投入する事ができません。

撒き餌も風で散らされます。
(海釣り公園では集魚剤の使用が禁止のため)


この状況を打開するすべもなく、

むなしく4時間すごしましたが、

時間延長はせず、

餌も沢山残っていたので、

場所を変える事にしました。


してやってきた近くの西浦漁港。

持病の膝の調子も良くなってきたので、

数年ぶりのテトラ場での釣行です。


一応周りの様子をうかがうと、

ベテランさんがクロダイを釣り上げる瞬間を目撃!

「チヌはいる!」

俄然やる気が湧いてきます。


物を置くスペースが少ないテトラ場では、

持ち物は最小限にとどめます。

普段は釣り場まで持ち歩く竿入れや、クーラーボックス等は車中に残し、

タモも組み立てた状態で、

その他全ての荷物をしっかりと手にして、

テトラの先端に移動します。


準備も整い餌を着けて・・・

と思いきや、ここでも風の影響で、餌入れごと海に落下!

釣りをする前に、餌をすくい上げる始末。


そんなこんなで、モタモタしながらも第一投。

「うーん。やっぱ風強い・・・」

魚影はありますが、餌取りばかり。


仕掛けが馴染む間もなく餌取りが餌をついばんでしまいます。。。

集魚剤が無いので、ここでも撒き餌を有効に使う事ができません。


ボラが泳いでいました。

ボラの下にはチヌがいる。

という事を見聞きしたことがありますが、

強い風と餌取りにやられて、

ここでも手も足も出ない状態。。。


4時間ほど粘りましたが、

もうどうしようもない状況だったので、

諦めて帰る事にしました。


久しぶりに感じる敗北感。

ホントにどうする事も出来ませんでした。。。


回の釣行で、自分の手数の少なさに気付かされました。

釣り上手な人は、

状況に合わせて色々な方法を試します。


しかし、自分はほぼ1つの方法しか持って行ってませんでした。


自然が相手の釣りです。

風、潮の流れ、餌取りの有無、海中の地形、

さまざまな状況に合わせて、

仕掛けや餌の種類など、

手数を多く持つ事の大切さを深く感じました。


釣りは奥が深過ぎます。

中国の故事で、

一生幸せになりたければ釣りを覚えなさい。

とのフレーズがあります。

今回の反省を次の成功に導けるように、

たくさん情報を見聞し、

新たな道具を準備し、

釣果アップを目指したいと思います。


次も釣れないかもしれません。

でも、あーでもないこーでもない、と

他の事はさておき、釣りの事だけを考える時間が、

とても幸せな事なのかなぁ。

と思う春の一日でした。


--------------
今日の釣果

macoZy

ボウズ

------------