FC2ブログ
macoZy商店別館。日記的つぶやきゴロー。
日記的日々の記録。
夏の思い出作り
日は、家族サービス&夏の思い出作りのため、

家族4人で、

日帰りで佐賀方面へドライブに行きました。







日前から嫁と何をするか相談。


子供たちのために、海の中を見れる遊覧船に乗る、

大人は、呼子でイカの活き造りを食べる、

あとは適当にその近辺の観光スポットに寄りながらドライブ、


と決めました。







て、当日は、

朝7時頃に起床。

軽い朝食と身支度を済ませ、

8時頃に出発しました。







福岡から、時間短縮のため有料道路を通りながら、佐賀・呼子方面へ。


有料道路では、

2年前ぐらいに取り付けたはいいが、

ほとんど使う機会が無いECTを、久々使えると思い、

忘れずにETCカードを本体に挿入!


抜かりなく有料道路に入ったはいいが、








うっ・・・





ETCレーンが無い・・・







なわけで、

結局ETCカードは引っこ抜き、

2箇所の料金所で現金払い・・・









料道路を降り、唐津の市街地を抜け、

最初の目的地

「マリンパル呼子」へ9時45分頃到着。

10時出発の遊覧船に間に合いました。









ここで乗ったのは、

クジラような形をした海中展望船の

「ジーラ」

です。

この「ジーラ」の特徴は、


「海面下1.2mのおなかの中(船底)から魚や海の生物の姿を鑑賞、

また背中のデッキでは呼子の海を潮風とともに満喫できます。

周航コースは、呼子~鷹島。」(ホームページより抜粋)


てな感じです。







速乗り込み、鷹島へレッツゴー!

移動中はデッキで潮風を受けながら、遠くの景色を堪能。

鷹島付近に到着したら、ここからがメインイベント。

海中の様子を船底の窓から見ることが出来ます!

そして、窓の外には・・・









IMG_2523.jpg

IMG_2526.jpg



チ・チ・・・チヌまみれじゃないですか!!!

(テンションアゲアゲ状態)



すごい!!海の中にはこんなにチヌが・・・


(じゃぁなぜ釣れない・・・)







んっ?



IMG_2525.jpg


こいつら餌付けされてるじゃん!






どうりで必要以上に船の周りに寄ってくると思ったぜ。



にしても、

これだけの魚が海にはウヨウヨいるってことが分かっただけでも、

大きな収穫だ!

うまく魚を寄せることが出来れば、確実に釣れそうだ。

次からの釣りにもガゼンやる気が出てきました。







約10分間ぐらい船底やデッキからお魚たちを十分に観察、

後ろ髪引かれる想いで、帰航の途に付きました。






んなこんなで、


我が子よりも遊覧を楽しんだ感がありますが、

港に戻った次は、

呼子名物、

イカの活き造り!

を食べに、近くの有名店へ向かいました。











子港から車で5分。

目的の店「満坊(まんぼう)」に到着。

早速イカの活き造りのコースを頼みました。










最初に小鉢のモズクがテーブルへ。

それを食べ終わる頃、


やってきました!!!









IMG_2554.jpg



イカの活き造り!!!





福岡でも食べることはできますが、

コリコリ歯ごたえたっぷりの透明のイカ刺身!

ゲソと身の一部は天ぷらでプリップリの食感!!!

やはり本場!

本場は一味違う感じがします。













さてさて、

もっとたくさん書きたかったのですが、

長くなりすぎるので、

ここからは、行った場所と、寸評で。




昼食後は、

呼子大橋を渡り、「風の見える丘公園」へ。

息子がアイスを食べました。風車に行く途中、大きな蜂がいてビビリました。


次は、呼子大橋の下にある弁天島へ。

呼子側の駐車場に車を止めて、呼子大橋の下への階段を下りると、

弁天島へと続く遊歩橋が。弁天島の神社でお参り。


次は波戸岬へ。

海中展望塔(有料)に入り、またまたチヌの魚群が・・・

ここも餌付けされてる模様。

駐車場のそば小屋でサザエのつぼ焼きを堪能!

嫁と息子は食わず嫌いで自分ひとりで食べました。






以上、

夏の思い出作りの佐賀方面ドライブでした。


せっかくの夏休み、

家族をあまり外に連れて行けてなかったように思うので、

夏の終わりにいい思い出が出来たような気がします。


来年はもっと頑張ろう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック